TOP > 受験対策 > 2級実技手順

2級実技手順

■タイムスケジュール
・開場
・出欠確認、事前審査(10分)
・実技試験【前半】(35分)
・インターバル(3分)
・実技試験【後半】(55分)
・実技審査(47分待ち)
・道具の片付け&筆記試験準備(25分)
・筆記試験(35分)
・終了

■流れ
【前半】
手指消毒→ポリッシュオフ→ファイリング→キューティクルクリーン

【後半】
手指消毒→チップ&ラップ→カラーリング→ネイルアート

【前半】
@施術者の手指を消毒
Aモデルの手指を消毒
Bポリッシュオフ
Cファイリング(ラウンド)
Dキューティクルクリーン

【後半】
E施術者の手指を消毒
Fモデルの手指を消毒
Gチップ&ラップ
Hカラーリング
Iネイルアート

■詳細手順
後半は手指消毒を最初に行えば工程は自由なので、以下の手順は一例です。
前半の作業を後半に行うと減点、後半の作業を前半に行っても減点です。
チップの仕込み可

【前半:35分】
●手指消毒
(1)
消毒用エタノールをコットンに含ませ施術者の手の甲、手のひら、指の間、指先までを拭く
 

(2)
消毒用エタノールをコットンに含ませモデルの手の甲、手のひら、指の間、指先までを拭く
 

●ポリッシュオフ
(3)
コットンにポリッシュリムーバーを含ませ、一本ずつポリッシュを拭き取る。
 

(4)
サイドライン付近に残ったポリッシュをウッドスティックで落とす。
 
●ファイリング &キューティクルクリーン

(5)
右手の爪全てをラウンドにファイリングする。
 

(6)
右手の全ての指にキューティクルクリーム(またはキューティクルリムーバー)をキューティクル付近に塗る。
5本の指に塗布し終えたら一本ずつクリームを揉むように伸ばす。
 

(7)
右手のクリームを全て伸ばしたらフィンガーボールに指先を浸す
(指を浸している間にもう片方の手を行います。(8)へ)
 

(8)
左手の爪全てをラウンドにファイリングする。
 

(9)
左手の全ての指にキューティクルクリーム(またはキューティクルリムーバー)をキューティクル付近に塗る。
5本の指に塗布し終えたら一本ずつクリームを揉むように伸ばす。
 

(10)
左手のクリームを全て伸ばしたら、左手のブラシダウンを行いフィンガーボールから取り出しタオルで軽く水分を拭き取る。
 

(11)
左手指先をフィンガーボールに浸す。
 

(12)
右手のプッシュアップ&クリーンアップを行う。
 矢印

(13)
左手のブラシダウンを行いフィンガーボールから取り出しタオルで軽く水分を拭き取る。
 矢印

(14)
左手のプッシュアップ&クリーンアップを行う。


【後半:55分】
●手指消毒
(15)
消毒用エタノールをコットンに含ませ施術者の手の甲、手のひら、指の間、指先までを拭く
 

(16)
消毒用エタノールをコットンに含ませモデルの手の甲、手のひら、指の間、指先までを拭く
 矢印
●チップ&ラップ
(17)
フリーエッジが長い場合、カットし長さを整え、 ネイルプレートをサンディングし、 ダストをブラシで落とす。
 矢印
(18)
ネイルチップを爪のサイズに合わせ、グルーをコンタクトゾーンに塗布し、指に対しまっすぐになるようにチップを貼る。

チップはネイルベッドの端まで覆うサイズのものを選び、事前にモデルの爪に合わせ調整しておく。(少し大きめにしておき試験中に微調整するといい)
下がったり上がったりしてないように、真横・真上などから見てまっすぐになるよう調整する。

 矢印
(19)
ネイルニッパーでチップの長さを調整し、ファイルで形をラウンドに整えチップの段差を取る。 (チップをカットする際は、後でファイルすることを考慮し少し長めに切る。)
 矢印

(20)
ダストをブラシで落とし、プレプライマー等でネイルベッドの油分を除去。
 矢印
(21)
シルクを爪の幅に合わせ、シザーで切る。(2つの角は斜めに切り落とす)
ツイザーでシルクを貼る。(※シルクには直接触れない)
圧着させる時もシルクには直接触れず、ビニールなどを当てしっかり圧着させる。

シルクはストレスポイントを覆い、エッジの先端までしっかり装着する。
ネイルベッドの2/3(三分の二)程度がよい。
※皮膚には絶対のせない事。

 矢印
(22)
シルク全体にグルーを塗り、アクティベーターで硬化させる。
先端の余分な部分はファイルで除去する。
 矢印
(23)
レジンを全体に塗布し、アクティベーターで硬化させる。
この作業を2〜3回くり返し、厚さ・フォルムを調整する。

レジンは大量に塗布すると高加熱が発生し、煙が出るので注意。
ハイポイントは過度に意識しなくてもよい。

 矢印
(24)
レジンが完全に硬化している事を確認し、ファイルで形を整える。

硬化確認は素手でしない事、スティックなどで触り確かめる。

 矢印
(25)
スポンジバッファーで表面をスムーズにする。

 矢印
(26)
シャイナーで表面を磨き、ダストをブラシ・ガーゼ等できれいに取り除く。
 矢印
●カラーリング(チップ&ラップした指以外)
(27)
左右の爪表面の油分をプレプライマー or 消毒用エタノールで拭き取る。
 矢印
(28)
左右の爪にベースコート→カラーリング(2度塗り)を行う。
※チップ&ラップした指はカラーリングしない。

 矢印
●ネイルアート
(29)
赤ポリッシュを塗布した中指にテーマに沿ったネイルアートを行う。

ラメ、ラインストーン等使用可。

 矢印

●トップコート(チップ&ラップした指以外)
(30)
左右の爪にトップコートを塗る。
※チップ&ラップした指はトップコートをしない。